コツコツ極めよう!初心者のためのゴルフレッスン!
HOME > 正しいアドレスを身につける

正しいアドレスを身につける

アドレスとは、ボールを打つために構えるときの静止している状態を言います。 基本的には肩や胸、両膝を地面に平行になるようにスイングするのですが、基本通りの形にするのが容易ではありません。 重心の位置や前傾姿勢がアドレスのポイントになってきます。 知人に見てもらったり、自分なりに鏡で見てみたりして正しい基本姿勢を身につけましょう。

「ティーアップにいい所」とは何か

一般ゴルファーの多くは、ティーアップの大切さというものをあまりに知らなすぎる。「スウィングがしっかりと固まってもいない…

ティーの高さの基準は?

「フォロー風には高いティーアップ」「アゲンスト風には低いティーアップ」というのが一般的と言われている。このこと自…

飛ばしたい時の構え方

アドレスを見れば、その人が何を考えているのかがわかる。特に、アベレージクラスのアマチュアが「飛ばしたい」と考えて…

「アドレスはみな同じ」ではないことを理解する

アドレスを見れば、その人が何を考えているのかがわかる。特に、アベレージクラスのアマチュアが「飛ばしたい」と考えて…

アドレスは「動作」か?「静止」か?

アドレスは「静止」であると認識するのか、「動作」であると認識するのか。「プロだってアドレスではピタリと体が止まるでは…

正しいグリップを身につけよう

アドレスは「静止」であると認識するのか、「動作」であると認識するのか。「プロだってアドレスではピタリと体が止まるでは…

正しい姿勢を身につけよう

アドレスは「静止」であると認識するのか、「動作」であると認識するのか。「プロだってアドレスではピタリと体が止まるでは…

自然な構えを身につけよう

背骨の前傾、ひざの角度、頭の位置が決まっても、セットアップでは方向取り(アライメント)を間違えないように注意しよう。…