コツコツ極めよう!初心者のためのゴルフレッスン!
HOME > 正しいインパクトを身につける

正しいインパクトを身につける

ボールを打つ瞬間の事をインパクトと呼びます。ゴルフショットで非常に重要な瞬間になります。 クラブへッドより、両手が前に出ている状態でインパクトすることを、ハンドファーストと呼びます。 インパクトの理想の形はこのハンドファーストで決まります。インパクトの瞬間、アドレスの位置に戻ってくる形になりますが、アドレスとは違う体制になっていることを確認してください。この違いを把握していないとハンドファーストの形が作れなくなってしまいます。

ボールを体の正面で捕らえる感覚を身につける

スライサーから脱出し、ドローボールを打つためには、体の正面でボールをとらえる感覚を身につけることである。この感…

インパクトを目で見ているか?感覚のみにこだわるべからず

プロゴルファーでも、スライス系のボールとドロー系のボールが打てるようになる。しかし、プロでもインパクトを見られるよう…

インパクトが見えてくれば、上達は早い

インパクトが見えている人は、まずは下半身がら動くことが大事である。そして、視線がボールに合って、振りぬくことがで…

インパクトが見えたら次のステップへ

まっすぐ当てているのに、どうしてスライスが治らないのかというのは、人間の視力では、ボールのインパクトが見えてい…

ボールをどの位置で打てば良いか?

ボールを打つ時の「絶対感覚」はどのようにしたら良いのか。これは、「3時」ではなくて「4時半」の位置を打つことが大事で…

インパクト時のグリップはどうあるべきか?

グリップの感覚の違和感は、この感覚を知らないといつまでもスライサーから脱出できない。実際とは違う感覚で扱わなく…

ハンドアップを治す特効薬

インパクトはアドレスの再現ではないが、球筋を安定させるには、グリップをアドレスの位置に戻す意識が大切である。アド…

正しいインパクトの形を作る

インパクトはアドレスの再現ではないが、球筋を安定させるには、グリップをアドレスの位置に戻す意識が大切である。アド…