コツコツ極めよう!初心者のためのゴルフレッスン!
HOME > 正しいスウィングを身につける

正しいスウィングを身につける

間違っているスウィングで球を打っても、上達はしません。 ゴルフスウィングは簡単そうに見えて、思い通りに打つ事はとても難しいのです。 初心者の頃はボールを遠くにとばすというよりも、前方に直線に飛ばすという方が大事です。 正しいアドレスをすることにより、正しいゴルフスィングにつながります。

考えなしで振っていないか?再確認

「素振り」と「空振り」の違いをしっかりと押さえているだろうか?「素振り」とは、素(もと)になる振りであり、つまり「基本…

両手を使ったスウィングを身につけよう

素振りと実際のショットに近づけるには、両手でグリップした後で、右手を添えるだけにして振ること。右手はパーで、左手…

正しいスウィングは目ではなく体に聞くべし

実際的素振りの方法として、実際に目隠しして素振りをすると、自然と体のクセが見えてきて、スイングが分かるようになる…

強い体の軸を作る方法

素振りだけでもと思い、6番アイアンで練習してもどうしても左足1本では素振りが出来ない。しかし、あきらめずに素振りを…

2軸スウィングで体をダイナミックに動かす

スイング軸に関しては、混乱する初心者の方が多い。しかし、軸は1本ではなく2本であると覚えておけば安心である…

スウィング中に手と腕をスムーズに動かす練習法

スイング軸が体感できる「手を胸の前で組むドリル」で、両腕を胸の前で交差させ、体を回転させる。バックスイングでは右…

バックスウィングで「打ち急ぎ」を治す

打ち急ぎとは、バックスイングからトップにかけて上半身がしっかり回っていないのに、手元だけはクラブを下ろせる体勢に…

右足の踏み込みはマイナス要素か?

体重移動よりも、右ひざの上でターンさせるだけでよい。踏み込みがマイナス要素ではないが、踏み込みを重要視するた…